ナガシマスパーランド

ナガシマスパーランドプール持ち物!NGなものや不要なものまとめ

ナガシマスパーランドプールのジャンボ海水プールへ行こう!

と思っても何をもっていけばいいの?って気になる方も多いでしょう。

 

というわけで長嶋スパーランドプールへ行くための持ち物をリストにしておこうと思います。

長島(ナガシマ)スパーランドプール持ち物!NGなものや不要なものまとめ

 

ナガシマスパーランドのプールへ初めて行かれる方はぜひチェックしながらいりそうなものやいらなさそうなものを見て用意してくださいね。

持ち物リスト

一般的な持ち物

  • レジャーシート
  • 水着
  • 浮き輪
  • ラッシュガード
  • ゴーグル
  • サンダル
  • バスタオル
  • ミニタオル

ぐらいでしょうか^^

レジャーシート

レジャーシートは場所取りに必要になるので忘れないようにしましょう。

水着

水着も、人数分忘れないようにしましょう!

色々持ち物が多くて忘れてしまう場合もあるかもしれません。

ですが、最悪水着は販売されていますので、忘れてしまっても大丈夫です。

水着はスイムショップにて販売されています

 

浮き輪

浮き輪がもし、必要であればもっていくようにしましょう。

浮き輪は、流れるプールで使うと楽しいですね

超激流では、専用の浮き輪が用意されているのでそこでは必要ありません。

 

浮き輪も専用ショップでかなりの数が販売されていたので、忘れてしまった!

もう古くて買いなおし忘れた!などの場合は買うことも可能です。

本当にすごい数の品ぞろえなのでショップでもお気に入りが見つかるかもしれません。

 

 

小さい子用の浮き輪~揃っていますよ☆

場所は、プール入り口付近にあります

 

ラッシュガード

ラッシュガードなどもだめだというところもあるかもしれませんが、着ていても何も言われなかったので大丈夫です☆

ただスライダーに乗るときは脱ぐように言われるかもしれませんので、注意してくださいね。

その他は着ていても大丈夫なので焼けちゃうので着ておきましょう

サンダル

そして、トイレ行くときや食べ物などを買いに行くときなどはサンダルがあればいいかな?という感じです。

とにかく、猛暑であれば歩くときに足の裏がアツイアツイ!



ゴーグル

ゴーグルは好みで必要な方は持って行ってください^^

タオル系

タオル系も忘れちゃうと体が拭けないので忘れないようにしましょう。

人数分+αあるといいです。

1回拭くだけでかなり濡れてしまうので余分にあると助かります。

ミニタオルも、あれば足ふき用にしたり、頭を拭いたり、あとナガシマスパーランドプールは塩水なので、小さなお子様なども目がしみたりするのであると何かと便利です。

ナガシマスパーランドプール不要な持ち物やNGなもの

ナガシマスパーランドでは、NGなものや不要なものがあります。

NGなもの

  • カーワゴン
  • クーラーボックス
  • 食べ物
  • ボディーボード
  • イス・テーブル
  • サンシェード・テント類
  • 飲み物

などがNGとなっています

 

赤ちゃんがおられる方は離乳食はOKです。

アレルギーがある方もアレルギー食をもっていっても大丈夫なので用意しておくといいですね。

ペットボトルや水筒の持ち込みも熱中症対策としてOKとなっています。

 

不要なもの

  • 空気入れ

となっています

大きなものはNGとなっているのでもっていかないようにしましょう。

クーラーボックスもNGですので、用意しないようにしましょう。

 

空気入れは実はかなりの数が用意されているので(電動式)もっていかなくて大丈夫です。

2019年ものすごい混雑した日でも、空気入れの場所もかなり混んでいましたが、数が多かっただけに回転率も非常に早くすぐにいれることができました。

ですので、荷物になるのでもっていなくてもOKです

 

 

場所は、入り口入ってまっすぐいけば左手に見えてきます。

温水シャワーの手前に20~30個?ほどおいてあるのですぐわかると思います。

温水シャワー自体もものすごい数が並んでいるので一目でわかります!

 

使い方も機械音痴のわたしでさえ簡単にできましたのですぐにできると思います。

  1. 浮き輪の穴に機械をいれる!
  2. 手持ちのスイッチをグイっと押す!
  3. 空気パンパン!
  4. 完了!

こんな感じです。



ベビーカーは持ち込んでもいいの?

お子様連れの方が気になるのはベビーカーの持ち込みですよね。

遊園地自体にはベビーカーはもちろんOKなのですが、プールにはNGとなっています。

ただ、ジャンボ海水プールの入り口まではベビーカーにお子様を乗せていくのは大丈夫です。

入り口にベビーカーを預けるスペースがあります

 

こんな感じで入ってすぐのあたりにかなりの数のベビーカーが並んでいるのですぐにわかると思います。

預けてから更衣室へいきましょう。

まとめ

長島ジャンボ海水プールの持ち物についてまとめてみました。

プールはそこまで用意しないといけないものは少ないので用意しやすいですね。

赤ちゃんがいるご家庭では、赤ちゃんが必要なものもしっかり忘れないようにしておきましょう。